Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

kika night vol.1@BLUE BLUSE

奇禍夜というDJイベントを友達と立ち上げました。紆余曲折を経て今回はその第一夜でした。

素人DJですが、ステージに立てばそんなん関係ない訳で、どうやったら楽しめるか試行錯誤した末がああいう結果に(笑)

でもまあ、楽しんで頂けたのならやった甲斐はあるかなと。

それから自分の時間にシューゲイザーについて知ってもらいたいというテーマもありましたので、プレイリストには新旧シューゲイザーを織り混ぜています。

kika=奇禍というのは災いの事ですが、禍=渦という意味を持たせています。強烈なフィードバックノイズやサイケデリアは、それを知らない人に感じた事ない感覚を与える渦だと思うのです。

感覚がぐにゃりと歪むのを体感するのがシューゲイザーの渦の中だと。それを感じて貰えたなら幸いです。

以下は掛けた曲リストです↓

COOL FRONT 23-6/adorable
Thorn/my bloody valentine
THE COLOR OF MY LOVE/The Times
Sun Of Mustang Ford/Swervedriver
CICELY/Cocteau Twins
shine/ulrich schnauss
no thank you/COALTAR OF THE DEEPERS
crush sight/adorable



soon/my bloody valentine↓
whitenoisesuperstar/astrobrite

you made me realised/my bloody valentine


自分DJデビュー乙!!!!!

シューゲイザーの異端児的な存在のスワーヴドライバーやアドラブルを掛けたのは、時代に埋もれてしまった曲を今に甦らせたかったからですが、結果好感触で嬉しかった。皆感じることは一緒だね。

ウルリッヒ→ディーパーズという流れはもうやるって決めてからずっと思ってました。なにかスペイシーなものを感じて頂けたなら、幸いです。

一番最初に掛けたアドラブルの曲を気に入ってくれた人がいたのがとっても嬉しかった。僕も大好きなんですって話をしたけど、もう今は売ってないんだよな。それが残念。

あと変態Tに気付いた人もいてくれました。話し掛けてくれてありがとうございます。

最後の轟音が耳障りだった人はごめんなさい。僕が単純にノイズ中毒なんで、自分の為に掛けさして貰いました。

あと、あの砂嵐からyou made me realiseにちゃんと繋がってたかな…それが検証できなくて残念だ。

そんな感じ。率直な感想とか聞けたらいいなーと思いつつ、あの格好はね、出オチみたいなとこもありましたので、、、

次回は未定ですが、またどこかでDJはやりたいと思います。是非ご来場下さい。
スポンサーサイト

想像の向日 trip.4

『Over the imagination』trip.4

day 7.13(sun)

at okayama PEPPER LAND

open 18:00 /start 18:30

adv.1800 /door 2300

LITE(tokyo)
Adebisi Shank(ireland)
Auxin(tokyo)
6birds barked in the park(okayama)

open 18:00 /start 18:30
adv.1800 /door 2300

僕にとっては3回目ですが、特別な思い入れのある素敵なイベントです。

今回はLITEがレコ発ツアーで岡山に来ます。説明不要なバンドですが、LITEが岡山に来るなんてそうそう無いよ。お見逃しなく。

このツアーにAdebisi Shankというアイルランドの変態バンドも一緒にくっついて来ます。

何故にアイルランドのバンドが来るのか、正直な所謎だらけなんだけど、マイスペ見るに確実にヤバいアクトをしてくれそうです。

そして、Auxinというバンド。前に一度だけCD聞いた事あるんだけど、どんなんだったか忘れてる。。でもま、一番僕好みのバンドかな。空間を心地よい音で満たしてくれます。

それから、6鳥さんも出ます。岡山では徐々に知名度が上がりつつありますが、まだ知らない人はこれを機に是非どうぞ。ドラムとキーボードという変則的な組み合わせですが、一度見たら何回でも見たくなります。

こんだけのバンドを一度に見れるイベントはそうそう無いです。上に書いてあるバンドを一つも知らなくて、今見て興味持たれたら、是非来て下さい。遠くからでも来て下さい。

興味持ったけど行けないかな、なんて、そりゃ絶対後悔するよ。必ずいいイベントになるから。

♪LITE
http://www.myspace.com/liteband

♪Adebisi Shank
http://www.myspace.com/adebisishank

♪Auxin
http://www.myspace.com/auxin1

♪6birds barked in the park
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=6tori

OVUM 1st album “microcosmos”release tour@岡山crazy mama 2nd room

♪6birds berked in the park

機材トラブルに見舞われたものの相変わらず良かった。

今日のハイライトは葉月かな。いい曲なんで聞けたら嬉しくなる。

以下は鳥さん達から貰ったセトリ。

1.やけくそロック
2.ヤマキタビルにて
3.HAZUKI
4.flamingo
5.pokopen

HAZUKIはOVUMのチバさんも好き、つってたな。

♪百景

大阪発3ピースのインストバンド。ベースの女子がおかっぱのヅラ被ったヨコカワさんに見えて仕方なかった。

インストつっても最近流行の刹那的なやつではなく、オーソドックスなやつだった。百景のように流れや展開がある方が肌に合ってるなって感じる。

俺の中でドラムの人がすごく良くて、ずっとドラムの音ばっか聞いてた気がする。

♪OVUM

東京発の4ピースインストバンド。これがやべーんだな。

前回酔っ払ってたのを差し引いても桃源郷見せてくれたバンドなんで期待してましたが、

でしたが、





もう、感無量。あんまりにも良すぎて思わず泣きそうになった。

正直、これ以上何を伝えたらいいか分からんです。





やったのはたった3曲。短すぎる時間だった。

ギターの音が、水底から見た光のように感じた。

その中をベースとドラムが泳いでいる。

轟音がさながら実体を持った光の粒のように体に当たるのを感じて魂が震えた。

ような気がした。たぶん本当。光のような音の粒もたぶん本当。体に当ったのも。

アストラルの最後、彼方からやって来た煌めく轟音が降り注ぐ中、何時間も終わらなければいい、いつまでもこの時間が終わらなければいいと何度も願った。

以下はセトリ。

1.brilliant lies
2.refrection
3.astral

素敵な時間をありがとう。本当に。

そしてまた来てね。

Qomolangma Tomato@岡山PEPPER LAND

♪MUDY ON THE 昨晩

2曲だけ見れた。いわゆるポストロック。最後の曲のキメキメで“ずらす”感じが良かった。

♪パブロノベル

なんか今日は堂々としてて良かった。突き抜けそうな手応えがありそうな感じがした。

ジン食って次のステージへ行って下さい。

♪MY WAY MY LOVE

一音出した瞬間から尋常でないノイズの混沌。やばい。

すげー格好いいけど、カオティックすぎてもはや何が何だか分からないって見方もある。

♪Qomolangma Tomato

横浜発ノーウェイブ。戦慄のダンス・ミュージック。

フロントマンの“idea of a joke”と書いたTシャツと、ギターの人のフレッドペリーのラガーシャツが気になる。叫びまくったらジェイムズ・チャンスみてぇだなと思った。いいアクトだったな。以下はセトリ。

1.追い詰められて
2.vote creative sounds
3.距離を感じる
4.静寂と壁と闇
5.FIVE SENSE-FIVE MINUTES
6.359゚は捨てる


EN
1.through your reality

今夜は花月草子@REDBOX

腰が痛いままREDBOXへ。今夜は花月草子だす。

♪パブロノベル

久しぶりに見たパブロノベルは既に2曲終わってました(´・ω・`)

しかし、過程を見ずにポンと見たら、一足飛びに良くなってた。

皮一枚破れば次のステップに行けるとしたら、内側に籠もってるものが皮を破って突き抜けそうな感じ。後一押しなのか皮がぶ厚いのかは不明。リズム隊が格段に良くなってんのかなー。

カッチリ感を、能登くんが引っ掻き回して崩して欲しいなと、そんな事を感じました。

♪the Baamusic

バー・ミュージックは想像の向日以来なので、本当に久しぶり。

最初2曲はスピーカー近くで聞いてたけど、あまりに腰が痛くて後ろに座り込む。痛み止め効いてないんですが。

ギターの質感とか、井関くんの声は好きだなぁ。

またライブ行くだろうけど、EP盤を一枚買う。

休憩&食事の為2バンド飛ばし、トリのシークレットバンド。

♪gohstnote

シークレットバンドはゴーストノートでした。といっても、花月草子を知ってる人にとってはバレバレだったそうです。

全体的にかなりポップで、ときどき煽ったりもしてた。ポップなのは聞きやすいなーと思う。

『こんなところで出会ってしまった』って曲がいいなと思った。結婚式の為に作られた曲らひぃね。

最後は乾杯三唱(?)で終わり。

“Tour First Ballet”2008@crazy mama 2nd room

6鳥さん見に行って参りました。

1バンド目だけ前で見たけど、腰が痛くて後は後ろで座って聞いていた。

プラシーボ効果はアルコールに簡単に負けるようだす。。

♪6birds barked in the park

二回目の6birdsはBGMが掛かる中でゾロリと登場。

前回と違って気合い入ってたみたいで、良かったっす。

でもMCはやっぱりユルユル。『ローソンチケットで買えるようなライブに俺らが出てもいいん?』なんて事を言っていた。

最後にやった曲がポコペンらしい。すげー良かった。歌入りも、インストも、全体的に好きだと思う。早寝早起き朝ご飯も好き。

ヨコカワさんは、たまに歌い方が矢野さんに似るような気がする。メイビー。

適当に作ったら出来たっていう山手ビルにてって曲は前聞いた時よりずいぶん良くなってた。

あ、姪っ子か甥っ子の為に作ったって曲を聞きたかったなぁ。

♪gohstnote

腰が痛くて外で聞く。すにません。

既出だけどメジャーデビューに際してシングルが出るそうです。

ついでに何やら重大発表があった雰囲気だす。気になる人は色々チェックすればいい。

シングルリリースに際してツアーがあるそうで、岡山では5月31日だそうです。

その後、さらに足腰の痛みが強くなったので、残念ながらこれにて退散。ジェリーもタシカも見ず。



今回はタシカ目当てと思しきお客さんがたくさんいました。前回MO:GLAで20~30人だった客数も、90人くらいになってました。

知名度上がったんだなぁ。

凛として時雨@crazy mama 2nd room

今日のママ2は140人だそうで、一言。

ママ2が埋まるなんて!



という事で行ってきました時雨@ママ2。開演15分遅れで入場したんだけど、チラ見して明らかに人多杉。自分のキャパオーバーしてます。

最近ライブに来たのにダークサイドに落ちてる、って事が多くて、今日もやっぱり元気が無い感じでした。なんか、もうライブ楽しいってだけじゃだめなんだろうか。しんどくなる。



そんな状態では会場内に入れるはずもなく、外にぼんやり立っていた。中ではknotlampというバンドがやってて、エモとかメロコアっぽい感じでしたが、外で音漏れを聞いていた。

もう長いことメロコアとか聞いてないけど、キャッチーだったし太鼓も叩きまくりんぐで何度かワーッて歓声が聞こえたから、すごい盛り上がったんだろうなぁ。でも無理なもんはしょうがない。

終わってから入ったら、やっぱし暑い。アホみたいに人がおる。ママ2が埋まるなんてありえん。

聞いた事あるBGMだから、次のバンドはあのバンドか。。

♪凛として時雨

ミドリと一緒に来た時雨を見て以来だから、5ヵ月ぶりくらい?

久しぶりに見る時雨はちょっと噛み合ってなかったような気がする。何というか、前ほどの緊張感がなかったような感じ。なんか時雨らしくねーなと思った。俺のテレキャスターが。。

ただ、DISCO FLIGHTと傍観、特に傍観はやばかった。

DISCO FLIGHTの時に345の後ろでスティックがプロペラみたいにクルクル回りだした時には目を見張った そんなに間のある曲じゃなくね? ありゃー絶対中野さんにしかできねーわ

そして今日の傍観はTKが神懸かってたと思う。

毎回いいんだろうけど、最後、壊れた機械のようにギターを弾くTKの姿が目に焼き付いて離れない。あの狂い方はやばい。背筋がゾクゾクした。

そんな訳でセトリですが、一部曲名わからず歯抜け状態…誰か教えて><

想像のsecurity
DISCO FLIGHT
新曲
テレキャスターの真実
nakano kill you
感覚UFO
ラストダンスレボリューション
傍観
(全8曲)

本当はもう1バンド、NICO touch the Wallsてバンドのアクトがあったんだけど、時雨終わった後急に具合が悪くなって退散しました。酸欠かなぁ。あんまり動いてないんだけどなぁ。

家に帰ってくると、ちょっとずつ気分が晴れてきたけど、やっぱり何かしんどい。

コメバターコーンツアー“EAT! EAT! MEAT!”@岡山YAMADA BOX

今日は岡山市内にあるYAMADA BOXでライブがありました。

ちなみにYMAMADA BOXは岡山天満屋にほど近い場所にあります。いい感じの広さです。

弾き語りだし知らない人ばかりだったから、正直そんなに期待値が高かった訳ではないんだけど、蓋を開けたら素晴らしいライブが見れました。本当に三人ともすごかったんです。

ライブは10分押しで開演。元ピールアウトの近藤さんからでした。



♪近藤智洋(ex.PEALOUT)

なんか、ピールアウトを全然知らないからアレなんですが、ライブ中に鍵盤の上に乗ったり踊ったりしていた人とは思えないぐらい、とても静かなオーラが出てる人でした。

声がすごいハスキーで、あったかい感じ。よかった。

『煙突の見える町』って曲をカバーしていて、それがすんごい良かった。25年くらい前の曲らしいけど、それ以上の事は不明だった。

あと、最後にやった新曲は、次のアルバムに入れた方がいいともいます。無茶苦茶よかったす。

終わってから休憩しにちょっくら外に出てたらもう始まっていたので、いそいそと席へ戻る。

♪高畠俊太郎(from AUTO PILOT)

高畠さんはとにかくギターが上手い。むちゃくちゃ上手い。上手いって、細かいテクニック云々でなく、引き込まれるような弾き方をするというか。それだけでぐいぐい聞き惚れてしまう。

そんで歌もすごい感情入ってて、見ているこっちも笑顔になるようだった。

前回、弟の嫁さんのお父さんが来たから披露できなかったという『金色の欲望』という曲が良かったなあ。

最後は自分のバンドの曲で締める。

♪古明地洋哉

今回のライブのお目当てだったりします。一通り試聴して生で聞きたいと思ったから来た訳で。

しかし、その期待は見事に裏切られました。いい意味で。

ギターは前二人が上手すぎだから、それと比したらリズムがひよったりするし多少のミスもあったけど、あの声が、もう。たまらんかった。

伝えたくても言い表わせないんだけど、すごく染み入るんです。

俺が想像していた以上に生で聞く古明地洋哉の声は凄まじく、何というかもうとにかく良かった。それだけだよ。

曲は全曲良かった。すごく良かった。また是非聞きたいです。

♪3人でセッション

古明地くんが終わると3人でセッションという事になり、洋楽2曲を披露。

moon river

FEMEE FATALE(Velvet Undergroundのカバー)

ムーンリバーは正直ごちゃごちゃして残念な感じで終わったけど、VUのカバーがすごい良かった。



今日は本当に、すごい良かったから引きずりそうだなぁ。明日は時雨だから、ぱりっと切り替えなきゃ。

The last walz of Syrup16g

3月1日は晴れだった。

初めての日本武道館。初めて1万人って規模を体験する。

最後を見届けに来たんだから、全てを胸に刻んで帰ろうって気持ちで中へ入る。

俺の席は2階南西スタンドC-40だった。

ステージ上の人がマッチ棒ぐれーにしか見えない席だけど、そんな些事はこの際どうでもいい。この場にいられるだけで、それだけでいい。

初めて入った日本武道館はがらんとして、とにかく広かった。こんな場所で最後なのかよ、と思うと苦しくなった。

開演まではずっとCOPYの曲が流れていた。

10分押しでBGMが止まり暗転、開演。拍手の中、メンバーが登場する。終わりの始まりだ。次々と立つ中、周りの人達は殆ど立たなかった。俺も勿論立たない。

客席が静まり返る中、五十嵐の一呼吸が、マイクを通して聞こえた。





“いつのまにか ここはどこだ

君は何をしている”

声が聞こえた瞬間、いろんな感情が噴き出して涙が出てきた。悲しいとか、嬉しいとか、そんな単純な感情でなく、感情の全てがないまぜになったような濁流。涙が止まらなかった。

そのまま生活、神のカルマ、I・N・Mと続く。

涙は止まり、自然と聞き入っていた。

Anything for todayは大好きな曲だから、でも嬉しいって気分でもなくただ聞いていた。

丁寧に、ひたむきに、一曲一曲を慈しむように演奏する3人の姿に感動してたけど、へにょへにょなギターとか歌詞トばすのは相変わらず。最後なのによー五十嵐よー。

希望も初めて聞く。なんか、夢じゃなくて、五十嵐がこっち選んだんだなって、それが嬉しかった。

美しい照明を浴びながら、夕暮れ時の、終わりゆく淋しさを感じる。

センチメンタルと明日を落としてもは何故か弾き語り。何故。

『あー終わっちまうなぁ、終わっちまうぞ』と言う。五十嵐が、トーンはからっとしていた。おちゃらけてもいた。

それはもう、終わりを受け入れてるんだ、最後だと割り切ってるんだっていう、そういう態度だったに違いない。葛藤ではなく、すっきりしてるんだなって感じた。

やっぱりこれが、最後のデートなんだなって思った。

だから立ち上がらず、腕も上げず、何も余計な事を考えず、一音一音を、永遠と瞬間を、光と影のコントラストを、ただただ胸に刻み付けた。

二度書くけど、最後なのに演奏ミスったり歌詞トばしたりした五十嵐だけど、それでも最高だった。どんなロックスターよりも気高く、真摯でいてくれた。

正常の圧倒的な演奏からムカデ、天才、ソドシラソの鋭角的な曲へ、そしてsonic disorderへと繋がっていく。

シロップと出会ったその日から、五十嵐隆が俺にとってのヒーローで、ロックスターで、神だった。

だから1回目アンコールでさくらをやり始めてからずっと悲しくて、さよならとか言うし、最後なのに自分をニセモノとか言うし、一人でも生きていけるさって言うし、そんなんで涙が止まらなくて、視界が歪んでまともに息ができなくなるぐらい泣いていた。もうステージはずっと見てらんなかった。

さよならとか言うなよ。自分を偽物なんて言うなよ。一人でも生きていけるなんて言うなよ。悲しくて、悲しくて、そんな悲しい事言わないで欲しかった。

おっさんだし髭だしかっこわりぃけど、ずっと本物のヒーローだよ、ずっとヒーローで、ロックスターだったよ。

畳み掛けるようにイマジネーションのイントロが流れると、これまでのシロップのライブやあの時の、報われない時間の事や、色々な事が頭に浮かんできて、もっともっと涙が出てきた。今まさに顔をくしゃくしゃにして泣いてんのに、まだ出るかってぐらい出て、鼻水まで出て、声を上げて泣いた。

“さぁ 終わりにしよう 何もかも 全てはそこから始まるさ”

こんな、俺はシロップの事がこんなに好きで、五十嵐も中畑も北田さんもきっと一人一人にちゃんと届くように演奏してくれていて、こんな最高のバンドに、ミュージシャンに出会えてよかったって、心の底からそう思った。

そこでやっと、遅くなったけど、終わりを受け入れる心境になれた。

“心の中に 答えの中に 確かなものは 何一つ無い”

そしてscene throughが悲しみから解き放ってくれた。

二回目のアンコールに『変態』Tシャツを着て登場した五十嵐…ポシャったデザインをわざわざ最後に持ち出して作るぐらいだからもしやと危惧してたら……変態て、それだけは無しだろ…。

she was beautifulから落堕~真空という流れに。真空いつもにも増してよかったな。

3回目のアンコールは中畑が五十嵐をおぶって登場。二匹目のどじょう狙いかよ。でも笑う。

『明日は…来ないなぁ。来ないねぇ』

と言いつつも

『プレーヤーに、明日を歌った歌があります。

良かったら聞いて下さい。

この曲も、明日を歌った歌です』

といい、翌日が始まる。

“諦めないほうが 奇跡にもっと 近づくように”

『Free throw』収録で、シロップで唯一といっていいぐらい希望に満ちた曲。

“幻想も 待ち惚けの日々も

後ろ側でそっと 見守っている

明日に変わる意味を”

涙はもう、流れなかった。

おどけたようなメンバー紹介の後、五十嵐が口を開く。

『長い間、ずっと見ていてくれてありがとう』







ラストはRebornを。

“昨日より 今日がすばらしい日なんて

わかってる そんな事

当たり前の事さ”

五十嵐にとって好きでない、むしろ嫌いだった曲なのに、いつの頃から彼にとって大事な歌になったんだろう。

“時間は流れて 僕らは年を取り

汚れて 傷ついて

生まれ変わってゆくのさ”

感性を失う前に、俺の灰色な青春の終わりにシロップと出会えた事は奇跡みたいなものなのかもしれない。

“期待して 諦めて それでも臆病で

本当の気持ちだけが 置き去りになってゆくよ”

何度聞いたか、イヤフォンを、スピーカーを通して何度も聞いて、何度となく新しい事を見つけて、たくさんの思いを吸い込んだ曲たち。

“手を取り合って 肌寄せあって

ただ何かいいなって空気があって

一度にそんな 幸せなんて

手に入るなんて思ってない

遠回りしていこう”

孤独な時間も、大事な思い出にも寄り添ってくれた曲たち。

“昨日より 今日がすばらしい日なんて

わかってる そんな事

当たり前の事さ”

シロップはこれで終わるけど、この3人での演奏はもう聞けないかもしれないけど、この瞬間に、この場にはいつだって立ち戻れるはず。

“時間は流れて 僕らは年を取り

汚れて 傷ついて

生まれ変わってゆくのさ”

この瞬間は永遠だって、そう思った刹那、武道館の全ての照明が点いた。

ステージはもとより、これだけの人がいたのか、というくらい、たくさんの人、人、人。

悲しさも、淋しさもスッと消え、凛とした空気になった。

“you make it better

we take it better”

ありがとうって、気付いたら声枯らしてありがとうを叫んでいた。

最後は三人で手を取り合い、客席に向かって深々と一礼。

以下はセットリスト。

1.きこえるかい
2.無効の日
3.生活
4.神のカルマ
5.I・N・M
6.anything for today
7.イエロウ
8.月になって
9.負け犬
10.希望
11.センチメンタル
12.明日を落としても
13.もったいない
14.生きたいよ
15.途中の行方
16.ex.人間
17.正常
18.パープルムカデ
19.sonic disorder
20.ソドシラソ
21.天才
22.coup d'Etat~空をなくす
23.リアル

en-1
1.さくら
2.ニセモノ
3.(ふめい)
4.イマジネーション
5.scene through

en-2
1.she was beautiful
2.落堕
3.真空

en-3
1.翌日
2.Reborn

五十嵐ありがとう。

中畑ありがとう。

シロップありがとう。

あの場にいた全ての人達にありがとう。

俺と繋がり合う全ての人達に、ありがとう。

思いの全てを昇華し、永遠として胸に刻みました。

さようなら。ありがとう。

第3回松原音泉@神戸STAR CLUB

夜勤明けだけど神戸でライブ見てきたよー

♪成山内 from sleepy.ab

成山・山内でのアコースティック編成でした。

成山くんの声聞いたのは想像の向こう以来なので、約1年ぶりですね。そんなに経ってたのですね。

ライブは夢の花から。成山くんの声はいつ聞いても優しいです。

新曲は2曲ともアコースティックverを披露。雪中花も良かったけど、ねむろがすごい良くって感動しました。

アコースティックがバンドと遜色ないぐらい魅力あるのはすげー事だともいます。以下はセットリスト。

夢の花
white
雪中花
メロディ
メリーゴーランド
ねむろ

♪オトナモード

鍵盤付き5人組バンド。名前は知ってたけど…というパターンです。

曲は暗いんだかポップなんだか、3曲目『新宿』と4曲目『サイレント』が流れで物凄くよかったです。特にサイレントはステージ上で音の渦が見えそうな勢いでした。ぽかんと見とれるぐらいやばかった。以下はセットリスト。

空への近道
グリーン
新宿
サイレント
グライダー
風になって

もう1バンド、サクラメリーメンというバンドがやっていたけど、2つのアクトがあまりに良かったので忘れないよう外でさむさむ言いながら反芻してました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。