Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GUITAR『JAPAN TOUR 2007@小倉BRICK HALL』

こちらはギター@小倉ブリックホールのライブレポです。



ブリックホールは門司駅から徒歩2~3分にある、煉瓦造りの小ホール。

煉瓦造りって珍しいともったら、ビールの醸造工場をリノベーションしてライブハウスに生まれ変わったそうです。

外観で既に感動したけど、中に入るとソファーや椅子・テーブルがまばらに配置され、ゆったりした雰囲気でライブが見れる感じ。

ま、ブリックホールの感動は言葉にするより直接見て感じて頂きたいともいます。ライブ本編の感想を。



♪Solovyev

ダブ/エレクトロニカ・アンビエント的な音で、とても心地良かったです。

もっと酔いたい、ってとこで終わって残念。。



♪Takashi Wada

ジャズ的な要素を含みつつ、メランコリーなメロディが反復・連鎖していく、とても素晴らしいアクトでした。全然違うけど、テニスコーツ思い出した。すっげかっこえかった。



♪GUITAR

拍手と共にデジタル・ジョッキー一人で登場。2曲やって、アカシバさんとベースの人、デジタル・ジョッキーの3人+ラップトップという編成に。

頭が真っ白になるぐらいのシューゲイズを期待していたのですが、シューゲイズという程の轟音やフィードバックノイズはなく、静謐な雰囲気の音だった。

けど、異国から来たギターを、門司の、こんな素敵なホールで聞いてるってのも相まって胸に迫るものがあって、言葉にできないぐらい感動しました。

ほんとね、小倉まで来て良かった。

最後にジザメリのJUST LIKE HONEYやってくれて、もうそれだけで感無量でした。アカシバさんのウィスパーボイスがばっちりはまってた。

終わってからアカシバさんやデジタル・ジョッキーとも話せて、まあ僕は殆どアワアワとしか言ってなかったけど嬉しかったです。

主催の方に誘って頂いて、アフターパーティーにも行きました。

とにかく、とても素晴らしいイベントでした。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。