Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://mincer8032.blog35.fc2.com/tb.php/1-57d1bcdf
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

裏日記始めます。

とうとうブログを2つ持つ事になった。2つ持って、何か意味あんのかな。

コトハジメには何かしら理由付け、動機が必要だ。



そういうニーズがあったって事です。

または、かわいいテンプレを使いたかった、って事です。

もしくは、どうしてもブログペットが飼いたかったって事です。



まあそんなところかな。

でも、せっかく持ったからには別の事しなきゃ。

うんとね、じゃあこうしよう。

ここにはちょっとおおっぴらに言えない、隠したいなって事を書こう。

むりか。大体隠し事は良くない。

やっぱり適当に思い付きで書こう。

そうします、はい。


■毒

母親を毒殺しようとした事件について。

自分の母親を毒殺するなんて常軌を逸している、と思うのは俺だけなのかな。

そもそも殺したいと思うような母親だったんだろうか。

動機がどうであれ、人を殺すってどうなんだろうね。俺は黒いやつ一匹殺すのにすら手間取るんですが。それはまた違うか。

正常とか異常とか、そういう判断の話じゃなくて、俺にはできないし、したいとも思わないし、むしろ家族は大事にしたいと思う対象だし、人殺しに興味を持って自分も同じ事をするだなんて、何がなんだかわからないなあって思う。

そんなに誰かの真似したいんなら、マザーテレサを真似して下さい。

前にもどっかで書いたけど、ほんっとにマザーテレサはすげえ人なんだよ。俺がドキュメンタリー番組に感化されやすい人間だという事を差し引いても、賞賛されるべき人間だよ。いや、お行儀のいい答えなんかじゃなくてね、そう思う。

まあその話は今はいいか。とにかく、なんだか不気味な印象を与える事件だった。

■核の脅威

久しぶりに「あいのり」をみるとなにやらチェルノブイリ原発についてのお話をしている。いつからそんな番組になったんだろう。というか、俺は何でその時間に「あいのり」を見ようと思ったんだろう。そこが不思議だ。普段見ない番組を見ると、偶然にもその話題だなんて。

小さい頃というのは誰しもが、何かに対して何らかの「脅威」を感じる時期があるものだと思っている。それは例えば夜であり、オバケであり、黒いやつを筆頭とする虫であり、とにかくいろいろである。

小さい頃から原発やら核やらに並々ならぬ脅威を感じていたおかしな子どもだった俺は、もちろん原発についての本も読んだ事があり、そこにはぞっとするような話も書かれてあった。その一つがチェルノブイリ原発事故である。

原子力発電というのはそもそも何重にも管理体制が行き届いていないとあっという間に大変な事になるような、極めて物騒なシロモノで、安全対策が何にも無いのに等しい状態で暴走してしまうと、もうどうしようもないのだそうだ。現に、件の原発はコンクリートで蓋をしているだけで手の出しようが無い状態のまま現在に至っている。

事故について、原因は色々あると思うけど、第一に人為的なミスなんじゃないだろうか。それとも、御しきれなくなる可能性のある原子力に手を出してしまったのが原因なんだろうか。

手綱は手放したのか、それとも、そこには手綱なんか初めから無かったのか。

興味のある人は一度読んでみたらいいと思う。


今日はなんだか固い話ばかりでつまんないでしょうか。そういうつまんない事を考えるのもまた、人間です、って事で。
■いやいやバカにすんな、つうの

俺は人に「好きな音楽は何ですか?」と聞かれると、決まって

「ロックです」

と答えます。

ええ、好きですもの。

まあ別に音楽なら良いと思えば何でも聞くんだけど、そういう意味では好きなジャンルはJ-POPでもいいわけです。ま、一番自分の聞いているジャンルは、やっぱりロックかなあ、と思うんすね。ロックであれば、メロコアもオルタナもニューウェーブもグランジもパンクロックもヤンクロックも、なんでもかんでもカバーできて便利ですから。とまれ、音楽に高尚も下衆も無いものでして、心に(いい意味で)何らかの波風を立てるのであれば、例えそれがアニメの主題歌であろうと青春パンクであろうとアイドルの歌う曲であろうと、それはその人にとって最高の「音楽」じゃないのかな、って最近思います。まあ聞く、聞かないは別ですよ。俺はそこまで雑食ではないし時間も無いんで全てをカバーできるほどのスーパーマンにはなれません。

そんな私ですが、最近おいおい、って思う事があって。



「何でもかんでもロックとか言ってる人たちがバカらしく思えたんだよね。

何でもロックとかいうよりだったら、1つの精神の下でやってるパンクってのがどうしてもカッコいいなって。」


まあ、パンクに対する認識やスタンスの差だと思うんだけど、うーん…。


パンクがどういったものであるかについては偉大な先達たちが各種メディアでやんややんやと語っていると思うので俺からは事細かく何か言う事はありませんが、パンクというのはジャンル単体を差すものではなく、70’sの所謂「パンク・ムーブメント」っていう一つの時代の流れだと思うわけですよ、俺は。それは考え方であり、ファッションであり、音楽でもあるって事なんです。


今の時代に「ROCK IS DEAD,PANK IS NOT DEAD」と言うのであれば、それは違うなあ、と。



俺からすれば、そんなこだわりなんか捨てた方がいい音楽と出会えるのに、って思うんだな。いい顔して「音楽好きです」って言えると思うんだな。人の評価も、ランキングも気にしない人は例え常にオリコン100位圏外のイカみたいなタコみたいな野郎が歌っている曲でも、心に響けば「これってすげえいい曲だなあ」って言えます。そっちのが幸せでないかい?


「あと、カバー曲で有名ななるアーティストも嫌。

実力で売れた感がしなくて。」


いやいや。それ、ちょっとどうかと思う。

島谷ひとみが夢に出てきてちょっと好きになりかけたからってそういう事言ってんじゃないよ。

誰もが色んな苦労とかなんとか経験して、そこに立っているんです。



ね、言いたい事を言うのもいいけど、ブログって言葉に責任持とうってのはそういう事です。誰かが嫌な思いをする事だってあるんです。ささくれだった言葉なんか、捨てちゃいなさい。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://mincer8032.blog35.fc2.com/tb.php/1-57d1bcdf
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。