Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://mincer8032.blog35.fc2.com/tb.php/224-e2585dd5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Rever

24時間テレビを見ていますが、黒い疑念がもくもく。あのTシャツに付いてる顔ってやっぱりカオナシなのかな?

▼このシーツに刻まれた英雄を

あるブログに『生きていればシーツの皺がよるように感情の襞が歪む』って表現をしていた。わかるなぁ。

内面ってそんなに単純なものじゃないなって思ったり。色んな色が混じりすぎてドロドロしてるよなぁって。だから、何色でもないって気がする。単色になる事ってきっと無いよね。

時には普段水底に沈んでいる黒い感情が一気に吹き出てしまって、わやくそ(目茶苦茶)になる事だってあるし、孤独になったような気がして胸がぎゅーっと痛む事もある。感動すると、その一瞬だけは心が洗われたように感じる。色々あったら、そりゃあ皺になるさ。

だから感情がシーツに皺を作っても、それは生きてる限り仕方がない。誰だって毎日が平安じゃないもの。

感情の襞は歪む。皺は必ず出来る。感情のコントロールが出来る完璧な人間なんていない。

よれてしまったシーツを目の当りにした時、人はありのままの自分を受け止めるのか、それとも諦めるのか、はたまた変わろうと努力するのか。

それは、その瞬間瞬間での選択。そして、選び続けるからこそたった一度の選択で終わる事もない。

複雑だからこそ悩むし苦しむし、救われる事もある。たった一度の選択ですべてが決まるなんて虫が良すぎるもんね。よく考えて、選び続けなくちゃ。

同じ場所で止まって、濁って、澱んでしまっても、いつかは穴が開いて澱みは流れだすのかもしれないし、そんな突破口が開かなくても元のように沈んでしまうんじゃないかな。

皺のよったシーツだって、掛け直したら新品みたいになるよ。直らなかったら、今日はそのまま寝てしまえばいい。何とでもなるよ。

どうありたいかは自分で決める。周りの言う事なんか関係ねぇ。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://mincer8032.blog35.fc2.com/tb.php/224-e2585dd5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。