Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://mincer8032.blog35.fc2.com/tb.php/350-e53fd91a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

或る街の群青

グーテンターク(・∀・)ノ

仕事が辛いから私、ドロンしてよろしいかしら?(・∀・人)

うそだよww

辛くない仕事なんかクソくらえだよwwww

▼CDレビュー

♪goodbye and goodluck/the brilliant green

ブリグリのインディー時代の2枚目のマキシシングルが42円で手に入りました!(・∀・)

goodbye and goodluckは全英語詞、かつメランコリックなギターサウンドです。川瀬さんの気だるい声が子守歌みたいで、非常に素晴らしい。

私ね、川瀬さんの声好きだしポップな音も好きだから、トミーフェブラリーは否定はしませんよ。ヘブンリーはよく分からんスけどね。

♪Welcome Back,ZOOBOMBS!/ZOOBOMBS

ズボンズの逆輸入版CDです。

ズボンズと言うとファンクとかハードコア色が強いイメージがありますが、このアルバムは聞いているだけでトリップしそうな曲だらけ。やはりズボンズは素晴らしい、の一言です。

シロップの元ベーシスト・佐藤元章さんも好きだっけね

って事で、シロップが好きなあなたもあなたも要チェキですよー。

♪this album/pre-school

2000年発表のプリ・スクールのアルバムなんですが、なんかプリ・スクールもテクノポップだけじゃなく変幻自在なサウンドなんですね。その雑食性は車谷と近い香りを感じます。

話ついでに車谷。車谷に至っては音楽そのものに魂を売り渡してしまった人間だと思うから、あんなにも多様な音楽を表現し得るんだと思いますがどうですか。

いいものをいいと感じ、それを貪欲に取り入れて自分の表現で再発信してしまう。

そのスタイルに拘らないスタイルって二番煎じとは違ってある意味で最強で、トム・ヨークと同じく音楽や表現欲求に対して誠実な人間でないと到達しえない場所なんじゃないでしょうか。

トム・ヨークの場合はロック音楽に対する既成の概念を解体・再構築してきた怪物だし、そういう意味でパイオニアとしての側面がすごく強いから必ずしも車谷と並列、って事は無いですが。

話を戻します(・∀・)

本題のthis albumはギターロックにプリ・スクールの持つフレンチ・ポップ・テイストを加味したような味わい深い作品です。

フジファブリックやバインさん、プリ・スクールを聞いていると、バンドにおけるキーボードの重要性を感じますね。

三枚とも多分中古屋では安値だと思うんで、見かけたら手に取ってみて下さい(・∀・)
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://mincer8032.blog35.fc2.com/tb.php/350-e53fd91a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。