Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://mincer8032.blog35.fc2.com/tb.php/43-1311bdcf
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

それぞれに真実がある・前編

物事には裏表がある。あるのよ。裏表が無い事なんか滅多に無い。無いように見える人でも、本人にだけ分かる裏表がある。

へらへら笑っていても、腹の中では黒々と全く違う事を考えていたりもする。それは当たり前にあるものだから仕方ない。抱き合わせで生きてかなきゃ行けないもんじゃないだろか。

裏表のオモテ、つまり見せてる部分は見てもいいもの。それだけ見ていれば、十分に付き合えるし、問題もない。

その人を表す看板は、信用しなきゃ何の話も出来ない。

逆にウラは、本当なら見せない部分を見せてしまうのは、場合によってはあまりいくない。と、書いていて思い出した。

先日、ブログに人の悪口を書いてしまった。

今になって冷静に考えたら大人気ないし、自分でもその記事は不愉快になる。

もし当人が見ていたらきっと傷付いているだろうしから、そんな行為は金輪際止めようと思うし、記事も訂正しなきゃ。最低な行為だし、人目に晒していいもんじゃない事を書いてしまったと、反省しなくてはいけない。

多分、指摘したかった人もいると思うけど、黙っててくれた事に感謝しよ。お陰でひどい事をしたんだって自分で気付けたから。

ウラの気持ちは自分でしか処理出来ないもの、自分にしか受け止められないものもあるから、見せてもいいラインを見極めたい。同じ事を繰り返す阿呆な人になってしまうのは、ヤだ。

長くなったので、一旦切ろう。

(後編につづく)
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://mincer8032.blog35.fc2.com/tb.php/43-1311bdcf
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。